logo
2023.01.16

マンション売却

マンション売却時にリフォームは不要!その理由と高値で売るコツも紹介

マンションを売却する際、売却前にリフォームが必要なのか迷ってはいませんか。この記事では、マンションを売却するためにリフォームすべきか迷っている人向けに、リフォームが基本的には必要でない理由と、リフォーム以外に行った方がよいことをお伝えします。

マンション売却時のリフォームは必須ではない理由

結論から話すと、マンションの売却時にリフォームは必要ありません。ここではその理由について解説していきます。

リフォーム費用は売却価格に上乗せできない

リフォーム費用は施工業者、地域によって異なりますが、基本的には安価ではありません。例えばトイレの交換工事は、10~20万円、浴室リフォームだと50~100万円がリフォームの費用相場となります。

フルリフォームを行うと、数百万円単位の費用となることもあります。マンション売却前にリフォームを検討している人の中には、「リフォームでかかった費用は売却代金で回収できる」と考えている方もいるかもしれません。

しかし実際にリフォーム費用を売却代金に上乗せしてしまうと、市場相場価格より高くなり、逆に売却できる可能性が下がってしまいます。またリフォームしたからといって、必ずしも売却の可能性が高まるというわけではありません。その理由については次節で解説します。

リフォームが購入者の希望と合わない可能性がある

マンションをリフォームすれば売却の可能性が上がると思われがちです。しかし壁のリフォーム一つを取っても、壁紙を貼る、漆喰やペンキを塗るなどさまざまなリフォーム手法があり、材質やデザインも多岐にわたります。
そのため売主がよいと思ったリフォームが、購入希望者の趣向と異なり、逆効果になることもあります。

リフォームには正解がない

前述した通り、リフォームにはさまざまな手法があります。リフォームには正解がないため、
このリフォームをやれば売却できる、というような正解がありません。

例えば3DKから2LDKへの間取り変更が必ずしも売却にプラスに働くとは限りません。だとすれば、正解がなく、効果が出るか確実ではないリフォームに費用をかけずに、そのままの状態の適正な売却価格で売却すべきといえます。

マンション売却時はリフォームより修繕中心に行うべき

マンション売却のためにリフォームをするべきではない理由については、前節でお伝えしました。ここでは、リフォームよりも修繕を行うべき理由を解説していきます。

リフォームと修繕は異なる

混同されやすいですが、リフォームと修繕は異なる作業です。リフォームは、マンションの価値を上げるもの、修繕はもともとの機能を取り戻すものといえます。

売却予定のマンションに最低限の修繕をしておくことで、購入を検討している人の印象がよくなり、自分がマンションで生活するイメージもつきやすくなります。

また修繕の範囲の工事であれば、軽微な工事なら数万円単位、修繕箇所が多くても50万円以下での支出で収まるケースが多いようです。修繕は費用面でも費用対効果が高いといえるでしょう。

壊れた設備は交換する

売却予定のマンションに、どのような修繕を行うべきでしょうか。具体的には壁に穴が開いている、床が割れているなど、住む上での不都合がある箇所、壊れた設備については修繕すべきといえます。

また壊れた設備の交換は、不動産市場で個人向けにマンションを販売する際にはもちろん、買取業者によるマンション買取においても役に立ちます。

買取業者による再販を目的とした買取において、買取後に行うべき内装作業・工事などが必要なくなれば、その分、買取業者は費用を抑えられます。結果として、修繕によって買取価格が上がる可能性もあります。

マンション売却時にリフォームせずに印象をよくする方法

ここまでは売却予定のマンションのリフォーム、修繕について解説してきました。ここでは、
リフォームや修繕以外の、購入希望者への印象をよくする方法について解説します。

基本は掃除を徹底して清潔感を出す

マンション売却の際に、必ずやるべきことは、マンションの清掃を徹底して清潔感を出すことです。清掃は必ずハウスクリーニングの業者に依頼しましょう。

業者によるハウスクリーニングの費用相場は、間取りによって異なり広くなるほど高くなりますが、例えば3LDKの場合で5万円前後、高くても10万円以下で収まるイメージです。

プロの掃除は、使用する道具や洗剤などが業務用であり、クリーニング効果は素人による掃除とは全く異なります。また空室のマンションを売却するなら、募集開始前にハウスクリーニングを行うと、内見の際に購入希望者の印象がよくなるでしょう。

入居中・空室問わずマンション売却は整理整頓を徹底する。

入居中のマンション売却の場合は、生活しながら内見者の訪問を受けるため、購入希望者に雑然とした印象を与えないように、家具・家電を含む部屋全体の整理整頓を徹底しましょう。

空室のマンション売却の際、空室の部屋に不用品をそのまま置いていると、購入希望者に「部屋に残っている不用品は誰が処分するのか」といった余計な不安を与えてしまいます。
空室売却の際は、家具、荷物などはできる限り整理・処分して、何も残置物がない状態にするのが理想的です。

まとめ

マンション売却の際には、費用の面、効果の面から考えても、売主側によるリフォームは不要です。壊れた箇所、不具合のある部分については修繕を行いましょう。

また清潔・整理整頓を心がけることで、マンション購入を検討している人の印象をよくすることができます。本記事がマンション売却の際のご参考になれば幸いです。

KAITRYで買取価格をチェック!
カイトリーはココが便利!